エビデンス侍 見参2 丸山ワクチン


癌に対する免疫療法として、古くからある丸山ワクチン。A、Bと書かれた注射液を代わる代わる、毎日皮下注射をする。市販されていないので、製造元の日本医科大学より、患者さん情報をある程度提供して、無償で分けてもらって患者さんに注射する、という、変則的な方式が、長年続いていた。癌が消えた、とか、癌が増大しなくなった、って、いうじゃない。

でも、かれこれ、30年も立つのに、未だに、有効性と安全性をしめす、科学的根拠が提示されない、っていうことは、いったいどういうことなんでしょうか!! 残念。

途中から、ゼリア新薬が、開発に関与し、「アンサー」という商品名で、「放射線療法による白血球減少症」の治療薬として、1991年より市販されている。これも変な話。苦肉の策、というほかないね。放射線療法による白血球減少は軽度であり、放っておいても通常は問題は全くない。抗がん剤を併用して白血球が減少するようなことがあれば、GCSFを使用すればよし。ということで、アンサーの存在意義も、全くなし。またまた残念!!

科学的根拠をきちんと示す、つまり、臨床試験をしっかり行なって、客観的データを作ることをなおざりにした結果、効きもしない「丸山ワクチン」で、如何に多くの患者さんが、迷惑を被ったか!! 斬り!!

広告

投稿者: 渡辺 亨

腫瘍内科医の第一人者と言われて久しい。一番いいがん治療を多くの人に届けるにはどうしたらいいのか。郷里浜松を拠点に、ひとり言なのか、ぼやきなのか、読んでますよと言われると肩に力が入るのでああそうですか、程度のごあいさつを。

“エビデンス侍 見参2 丸山ワクチン” への 2 件のフィードバック

  1. すみません、これはコメントが反映するかどうかのテストコメントです。先生のブログはたしかに面白いですね。

    1. 菰池先生 すばらしいコメントありがとうございました。やはりしっかりとしたお考えをお持ちの先生ですから発言も説得力がありますね。これからも一緒にいろいろと考えていきましょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中