地方講演(2)


昨日は熊本に行った。熊本は4回目で、すこし前に福岡にいって、若手のための癌EBM入門の話をしたばかりなので、今回、どのような話にしようかしらん、と少し考えた。「エビデンスに基づく乳癌薬物療法」という西村先生からの依頼だったが、エビデンスがない、あるいはエビデンスが確立していない状況で何を根拠に治療を選択し、組み立てていくかという練習問題を二題、それとオンコロジーセンターでの2年間のセカンドオピニオンの実態を話した。実臨床に則した話とおおむね好評であった。西村先生には、「渡辺先生は、立場が替わる毎に、新しい視点で少しづつ話の中身が成長しますね。すばらしいと思います。」とお褒めの言葉をいただきました()。また、来て下さいといわれました。はい!

広告

投稿者: 渡辺 亨

腫瘍内科医の第一人者と言われて久しい。一番いいがん治療を多くの人に届けるにはどうしたらいいのか。郷里浜松を拠点に、ひとり言なのか、ぼやきなのか、読んでますよと言われると肩に力が入るのでああそうですか、程度のごあいさつを。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中