「浜松市から表彰されました」の巻


【浜松発】 浜松市が主催する「見つけた! はままつ発ユニバーサルデザイン、建物・施設部門」に、浜松オンコロジーセンターが入賞しました。浜松市内にある建物・施設で、みんなが利用しやすいよう工夫してつくれている建物・施設である、というのが受賞の理由で、免震構造、太陽光発電で、地震後にも医療機関として機能できる仕組みになっていること、東海道の歩道から段差なしで中まで入れるバリアフリーエントランス、医学書院と同じ蹴上げ、踏み面で昇り降りしやすい階段、ゆったりした2階談話コーナー、明るい室内、歩きやすい廊下、などが評価されたようです。表彰状を授与して下さったユニバーサルデザイン室長からは、「こんなちっぽけな建物で、これ程までに公共の使い勝手を考えている建物は珍しい」と、ほめているのだか、馬鹿にしているのだかわからないような微妙なコメントと、10000円分の商品券を頂きました。どうもありがとうございました。ちなみに、ユニバーサルデザインの7原則というのがあるそうです。
 
ユニバーサルデザインの7原則
(ノースカロライナ州立大学ロン・メイス教授)
誰にでも公平に使用できること
(自動ドア、高さの調整できる座席)
使う上で自由度が高いこと
(左右どちらでも使えるはさみ)
簡単で直感的にわかる使用方法となっていること
(絵による説明、動く歩道)
必要な情報がすぐ理解できること
(駅のサイン、温度操作盤)
うっかりエラーや危険につながらないデザイン、まちがっても大きな損害につながらないこと
(ガス漏れ防止のコンロ)
無理な姿勢や強い力がいらず、楽に使用できること
(ドアのレバーハンドル、タッチセンサー)
接近しても使えるような寸法、空間となっていること
(車椅子が近づけるローカウンター、広い改札口)
広告

投稿者: 渡辺 亨

腫瘍内科医の第一人者と言われて久しい。一番いいがん治療を多くの人に届けるにはどうしたらいいのか。郷里浜松を拠点に、ひとり言なのか、ぼやきなのか、読んでますよと言われると肩に力が入るのでああそうですか、程度のごあいさつを。

“「浜松市から表彰されました」の巻” への 1 件のフィードバック

  1. 3月15日のブログになぜか投稿できないので、こちらにコメントさせていただきます。「みのもんたの医者ズバッ」とはなんて下品で無礼なタイトルなんでしょうか。いかにもみの氏やTBSの卑しさが滲み出ています。医者たたきは視聴率も稼げるし、何のリスクもないのですからこんな偽善番組が作れるのでしょう。みの氏に会ったら伝えてください、氏が偽善者じゃないのならぜひ次回は「やくざズバッ」、「右翼ズバッ」、「極左ズバッ」等をやって欲しいと。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中