ゾメタ外来化学療法加算


「オンコロジストの4月17日の独り言」で書いた「ゾメタの外来化学療法加算」についてご報告します。先ほど、静岡県社会保険支払基金から電話があり、厚生労働省から、正式に加算を認めるとの連絡があったとのことでした。顔の見える厚生労働省の対応は、大変合理的であり、すばらしいと思います。ちなみにこの問題については、乳癌学会からも正式な要望書として提出しておりました。各都道府県毎に、社会保険も国民保険も足並みをそろえて、ちぐはぐにならないようにゾメタの外来化学療法加算については、これを認めるようにお願いします。そのようにすることにより、がん薬物療法の健全な普及が支えられることになると思います。長いものには巻かれない姿勢は、いつも大切であることを改めて痛感致しました。
広告

投稿者: 渡辺 亨

腫瘍内科医の第一人者と言われて久しい。一番いいがん治療を多くの人に届けるにはどうしたらいいのか。郷里浜松を拠点に、ひとり言なのか、ぼやきなのか、読んでますよと言われると肩に力が入るのでああそうですか、程度のごあいさつを。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中