外科医改造計画 「さらば消一くん」


11月の1か月間、卒後8年目の外科医が浜松オンコロジーセンターに研修にきました。徒歩1分のところの「ホテルDayByDay」を研修宿泊施設として、朝8時30分から夕方6時までの外来見学、毎日、外来の合間や、昼休み、外来終了後の時間などを利用してマンツーマン指導による医師心得指導(教科書は小川道雄先生の「研修医早朝講義」)、患者とのコミュニケーションの取り方(教科書はSPIKES BC)、腫瘍内科学の真髄教育(教科書は渡辺亨)、人生哲学(教科書はジェームスアレンの「原因と結果の法則」)、EBMの実践方法(教科書は名郷直樹先生の「実践EBM」、薬物療法ABC(教科書はDeVitaのPPO)、,スライド作成の秘訣、プレゼンテーションの心得、保険医が心得ておくべき「療養担当規則」、コンピューターの上級者的活用術、アップトゥデート、ファイルメーカープロ、エンドノートなどの知的ソフト、ネットワークの使い方、などについての講義、実習を行いました。また、地方講演(今回は沖縄)に同行し、症例呈示を担当しての実践応用、地域のカンファレンス参加、食事会でのご教訓講話などを通じて、徹底的に指導したわけです。もっとも驚いたことは、有名大学を卒業して著名大学で卒後研修を済ませた外科医は、確かに、腕は鍛えられてきたかもしれないが、頭の使い方、知恵の使い方を全く知らないということでした。また、NEJMやJCOのホームページがあることも知らない、というのには思わず絶句してしまいました。いままで、学生、腫瘍内科医希望の若手医師、ある程度できあがった外科医などに対しては、数時間から数日の研修指導はしたことがあるのですが、今回、初めて消一くんを1か月間に亘り指導してみて、世の中の癌薬物療法がなぜ、うまくいっていないのか、ということがよくわかりました。それは、消一くんに、消一くんのままで癌の薬物療法をやらせていてはいけないのだということです。そこで考えたのが外科医改造計画、題して「さらば消一くんパッケージ」。消化器一般外科医(消一くん)からの脱皮、脱却をはかり、頭を使うことのできる外科医師に改造する「消一くんブラッシュアップパッケージ」、消一くんを腫瘍外科医に改造する「消一くんチューンアップパッケージ」、そしてさらに消一くんを腫瘍内科医にまで華麗に改造する消一くんバージョンアップパッケージ」の三つのパッケージをご用意しました。本人のご希望、ご施設の実情にあわせてお選びください。「老犬、芸を覚えず」とはいいますが、柔軟な姿勢があれば、年齢、経験は問いません。渡辺亨まで、ご連絡ください。
広告

投稿者: 渡辺 亨

腫瘍内科医の第一人者と言われて久しい。一番いいがん治療を多くの人に届けるにはどうしたらいいのか。郷里浜松を拠点に、ひとり言なのか、ぼやきなのか、読んでますよと言われると肩に力が入るのでああそうですか、程度のごあいさつを。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中