医局に人生を預けるな


書籍タイトル(予定) 医局に人生を預けるな

目次 新書版 250ページ

 

1       医師不足の現況は

(ア)  医局管理から自己管理への移行

(イ)  自己管理ができていない医師

(ウ)  医局(=置き屋)の崩壊

2       教授さまさま時代の終焉

(ア)  古きよきごっつあん体質

      学位授与のお礼

      仲人のお礼

      開業おゆるしのお礼

      製薬企業たいこもちのお礼

      あご足つき国際学会の実態

      鴻池官房副長官とおんなじだよ

(イ)  人事権の喪失

(ウ)  置き屋の崩壊

3       三丁目の医局: 入局から定年、非常勤、嘱託、顧問・・・・

     医大外科助教の優雅な生活

      時間はなんのため

       バイトに明け暮れる青春の日々

       研究やる気あんの?

       カンファレンスは不要ですか?

4       ある回顧録

定年は想定外? 〇藤○一の信じられない感性

5       独立開業のすすめ

6       夢破れて開業なし

7       お前こそもったいないだろう

いつまで奴隷をつづけるの?

8       人生設計 15年かける5

9       医療は社会主義

10    開業は立ち去りがたサボタージュか

11    お局様(おつぼね様)の老後

12    新しい時代の新しい医療

13    もつべき3感覚とは

14    医局に人生をあずけるな

 自分の付加価値を高めよう

自己研鑽のすすめ

広告

投稿者: 渡辺 亨

腫瘍内科医の第一人者と言われて久しい。一番いいがん治療を多くの人に届けるにはどうしたらいいのか。郷里浜松を拠点に、ひとり言なのか、ぼやきなのか、読んでますよと言われると肩に力が入るのでああそうですか、程度のごあいさつを。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中