大凶の一日


温泉セミナーの話題が突然消えたことに着目して「どこかから圧力がかかったのですか?」という質問も来ましたが、それはそれとして今日は試練の一日でした。通常の金曜日は朝から東京の杏雲堂病院勤務なのですが今日は朝一からC社との打ち合わせののちPMDAの対面助言に参加、女性担当者の「お宅の薬は別に世の中にでなくたっていいんですよ。すでにHがあるんですからお宅の薬はなくったって患者はこまらない」という乱暴な助言にこいつはあほかとあきれつつ怒りつつ。終了後時間もあったので、かつて歩きなれた虎ノ門から霞が関まで官庁街を歩きました。省庁から湧いて出てくる大役人、小役人はうだつの上がらないネクタイ姿。自民党時代なら国民を見下していたのかな、というような40代的課長補佐的お兄さんも民主党になって干されているのだろうか、どことなく活気がない。そんな暗黒の街で唯一の感動は盲導犬に導かれた小柄なおじいさんとのつかの間の出会いでした。厚労省前の歩道、盲導犬のラブラドールレトリーバーくん、なんか歯切れの悪い顔で私のほうを見ていました。おじいさんももてあましているようでしたので、「何か、お手伝いしましょうか?」と尋ねるとおじいさんが「ここらへんに植え込みはありますかな」と。愛犬家の私にはすぐに状況がわかりました。おじいさんの手を引いて、こっちですよ、と教えてあげると犬も来て、植え込みにたっぷりとおしっこをしました。すっきりとしたラブラドールくん、おじいさんを軽快に導いて、地下鉄の駅に降りて行き、新宿方面の丸ノ内線にのって行きました。ロビンも盲導犬になれるかと考えてみましたがやはり豆柴は不適格のようです。それで杏雲堂病院で外来と病棟回診とセカンドオピニオン。終了後今日は聖隷浜松病院でSPIKESの講義を頼まれていたので大急ぎで東京駅へ。するとなにやら様子が変です、改札は黒やまの人だかり。マカロンを買ってからホームに上がると5時なのに2時3分のひかりがまだ止まっています。そうです、架線事故で新幹線運転見合わせ中。復旧のめどがたたないそうで聖隷の講義はキャンセル。満員の新幹線、8時に浜松にもどり、明日の岩手講演のスライドを準備して、今日のいやな出来事を一気に書いちゃおっということで読み返しもしないで記事の投稿をクリック。また、どこかから電話がかかってきて「あれはまずいぞ、すぐに消してくれ」といわれるかもしれないけど、それはそれとして明日の温泉を楽しみに、今日はこんなところでアンニョンヒケセヨ!
広告

投稿者: 渡辺 亨

腫瘍内科医の第一人者と言われて久しい。一番いいがん治療を多くの人に届けるにはどうしたらいいのか。郷里浜松を拠点に、ひとり言なのか、ぼやきなのか、読んでますよと言われると肩に力が入るのでああそうですか、程度のごあいさつを。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中