やっぱりだめだねえ~


昨日、ニュースジャパンを見ましたが、ハーセプチンによる再発抑制効果についてのキャスターの説明は、やっぱり、全然だめでした。そもそもキャスターは、与えられた原稿を読むだけで、たとえ古館にしても、みのもんたにしても、秋元優里にしても、自分の言葉ではしゃべりません。全然だめな説明は、取材してニュースのストーリー仕立てをして原稿を書くディレクターが、行き当たりばったりの取材だったり、根本がわかっていなかったり、ということが原因です。エビデンスリテラシーということが、医療界にも全く浸透していないので、相対リスク抑制、ハザード比、などで表わすべき指標を、絶対リスク差であらわしたりすると、真実が正しく伝わらず、分かりにくくなるわけです。その話を、結構しつこく取材では話したのですが、結局まったく要領を得ない説明でした。最後にキャスターの秋元優里が、カプランマイヤーカーブのパネルをさかさまにひっくり返して、「むしろ、患者の立場では、このような見方が必要なのではないでしょうか?」と、究極の頓珍漢、で締めくくりました。
広告

投稿者: 渡辺 亨

腫瘍内科医の第一人者と言われて久しい。一番いいがん治療を多くの人に届けるにはどうしたらいいのか。郷里浜松を拠点に、ひとり言なのか、ぼやきなのか、読んでますよと言われると肩に力が入るのでああそうですか、程度のごあいさつを。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中