よい腫瘍内科医であるための12カ条


① しっかりした志をもつこと
② 患者を愛すること
③ 科学を愛すること
④ 明るいこと
⑤ 聴くことができること
⑥ 外科医に負けない精神力をもつこと
⑦ 国際舞台で活躍できる素養をもつこと
⑧ 体力があること
⑨ つきあいがいいこと
⑩ すなおであること
⑪ 労をいとわないこと
⑫ ミッションと責任を自覚すること

先日、卒後2年目の研修医師が、浜松オンコロジーセンターに見学にきました。腫瘍内科医になりたい、という志は素晴らしく、是非、大きく伸びてもらいたいと思います。12カ条の教えを彼に送りました。しっかりやるようにと。

広告

投稿者: 渡辺 亨

腫瘍内科医の第一人者と言われて久しい。一番いいがん治療を多くの人に届けるにはどうしたらいいのか。郷里浜松を拠点に、ひとり言なのか、ぼやきなのか、読んでますよと言われると肩に力が入るのでああそうですか、程度のごあいさつを。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中