朝のいかり


今朝の朝日新聞に、「キチンキトサンががんに効く」と、うその宣伝をしたとして出版社が摘発された、という記事が載っていた。遅すぎるよ、対応が。キチンキトサン、サメの軟骨、フコイダン、アガリクス、プロポリス・・・、そんなものがんに効くはずがないだろうに、それをあたかも、がんが治った、なんて、信じる方も馬鹿だね。先日受診した卵巣がんの女性、抗がん剤治療をすれば、十分に治る状態だったのに、ハンドパワーがいいとだまされた馬鹿な息子が、抗がん剤を拒否し続けたため、患者は両側の水腎症になってしまった。その段階で、抗がん剤が効いた人の話を聞いて、自分ももう一度、元気になりたいと、やってきたのだが、ちょっと厳しい状況になってしまっている。
先日、静岡新聞には、2012年から放射能に関する項目が、中学、高校の理科、物理に20年ぶりぐらいで復活する、と載っていた。ということは、この20年間、放射線、放射能にかんして、日本国民は大切な教育を受けていない、ということだ。だから、みのもんたのくだらない扇動に乗せられて、マイクロシーベルトの千分の一でも、放射能は放射能だから、絶対にゼロのしてくれないと困る、など、放射能と放射線の区別もつかない、馬鹿な国民が増えるのだ。遺伝子組み換え商品や、照射ジャガイモが危険だ、と勘違いしている国民も多い。放射能リテラシーなど、○○リテラシーという言葉を最近時々見かける。これは、○○を理解する能力ということだが、サイエンスリテラシーのない国民を作り上げてしまった、今までのゆとり教育の回復不能な弊害がここにきて、一気に噴き出しているのだ。話は変わるが、乳がん治療薬の、タイケルブ、これが、間違った臨床試験解釈論にもとづいて、FDAが、ゼローダとの併用のみ認めるとしたものだから、人まね子ザルの医薬品機構が、同じく、タイケルブはゼローダとの併用だけを認めたのだ。これが今、問題になっている。タイケルブは単独でも有効、ハーセプチンとの併用でも有効であることが臨床試験でエビデンスとして示されている。一方、タイケルブをゼローダと併用することの理論的根拠はなく、単に手続き論にすぎないところで、併用でなくてはならない、となっている。そのため、併用で開始したら、激しい下痢に見舞われ、タイケルブ単独にしたところ、下痢もおさまり、効果も継続している患者さんの、「タイケルブ単独使用は認められません。」という、さらに愚かな行政的対応が行われる。キチンキトサン、アガリクス、サメの軟骨、フコイダン、プロポリス・・・がよくって、なんで、タイケルブ単剤使用がだめなのか、行政に対する不満というよりは、サイエンスを理解できない国民で満ち溢れてしまった今の日本に対する言い知れぬ、恐怖すら感じるのだ。
本当は、朝はこころ静かに、朝のいのりをささげなくてはいけないが、今日は、あさからいかりではじまる一日、あとは穏やかに過ごせるように祈ります。

広告

投稿者: 渡辺 亨

腫瘍内科医の第一人者と言われて久しい。一番いいがん治療を多くの人に届けるにはどうしたらいいのか。郷里浜松を拠点に、ひとり言なのか、ぼやきなのか、読んでますよと言われると肩に力が入るのでああそうですか、程度のごあいさつを。

“朝のいかり” への 1 件のフィードバック

  1. お久しぶりです。タイケルブとゼローダですが、国保審査委員の経験からはゼローダが一日一錠でも併用処方されていれば承認されます。副作用の強いかたにはこれで通してもらうのも稚拙ながらSkillです。保険審査自体、審査委員の胸算用でほぼ決まってしまうので困ったもんですね。ではまた。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中