求められるがん情報リテラシー


最近耳にするリテラシーという言葉、インターネットで調べると「与えられた材料から必要な情報を引き出し活用する能力」とあります。多くの人は、自分や身内ががんにかかってはじめてがん情報に接します。しかし、十分なリテラシーがないとそれに振り回され、不安が増したり、友達を失ったり、体調を壊す事になりかねません。患者を対象とした市民講座開始前、聴衆にまぎれて客席に座っていると後ろの列から「冷房強いよね、体を冷やすとがんは再発しやすいってこと知らないのかしら。」「ひょっとして私たちがん患者を殺す気なんじゃないの?」という辛辣な会話が聞こえてきました。私はそっと席を立ち、寒いと感じている参加者がいることを会場係に伝えましたが、それは、体を冷やすとがんが再発しやすい、と思っているからではありません。50才台の女性が乳房にしこりがあると外来を受診されました。3cmほどの腫瘍で針生検の結果、ホルモン療法が効きやすい乳がんと診断、まず1年程度ホルモン療法をしてしこりが小さくなったところで手術を提案しました。翌日、本人から、友達に勧められたフコイダンを飲むので、ホルモン療法は受けませんと一方的な電話がありました。半年後、夫に付き添われて受診した時には、乳がんは野球ボールぐらいになり皮膚も真っ赤に腫れた状態となっていました。その後、治療をしていますが、フコイダンを勧めた友人とは会っていないとのことでした。分子標的薬剤が効いている大腸がん再発の患者、顔色が優れず元気がありません。採血検査で、血液中のアルブミンというタンパクが減っています。心配して付き添ってきた姉に聞くと、患者の夫が動物性タンパク、糖分、塩分は摂るな、というので3ヶ月間、そのようにしているとのことでした。姉がこのやり方に疑問を持っていたため、我々から患者に根気よく説明、肉も野菜も牛乳も、バランスよく食べるようになり栄養状態は改善し明るい笑顔が戻ってきました。

 

広告

投稿者: 渡辺 亨

腫瘍内科医の第一人者と言われて久しい。一番いいがん治療を多くの人に届けるにはどうしたらいいのか。郷里浜松を拠点に、ひとり言なのか、ぼやきなのか、読んでますよと言われると肩に力が入るのでああそうですか、程度のごあいさつを。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中