できる!! 街角がん診療 〔4〕


現在では、日本全国、どこの病院でも行われている外来抗がん剤治療であるが、当時は、がんの化学療法は入院して行うもの、病院によっては「無菌室」に患者を閉じ込めて抗がん剤点滴をしているところもあったのだ。学会で、外来抗がん剤治療の導入について発表したところ、会場にいた年配医師から「それは東京だから、国立がんセンターだからできること。田舎の一般病院では、無理な話だ。」と批判を受けたこともあった。東京ならばできる、田舎ではできない、というのもなんとも覇気のない話であるが、ここに、街角がん診療を展開するヒントがあったのである。(以下次号)

広告

投稿者: 渡辺 亨

腫瘍内科医の第一人者と言われて久しい。一番いいがん治療を多くの人に届けるにはどうしたらいいのか。郷里浜松を拠点に、ひとり言なのか、ぼやきなのか、読んでますよと言われると肩に力が入るのでああそうですか、程度のごあいさつを。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中