できる!! 街角がん診療(8)


米国(テネシー州ナッシュビルにあるヴァンダービルト大学)への4年間の留学を経て、国立がんセンター病院内科の医員としての勤務が始まったのが1987年9月1日であった。国立がんセンターでは、臨床試験への取り組みが本格的に始まった頃で、JCOG乳がんグループも比較試験の結果が出始めていた。帰国した私はデータ解析を担当するように阿部先生から指示をうけたが、ランダム化すらおぼつかない試験のデータは、なさけないものであった。そこで学んだことは、「臨床試験は計画、実施、解析」の三拍子が大切ということであった。その後、ハーセプチンの第I相試験、NSASBC01試験といった重要な試験の責任者を任せられた3-5。これらの経験を通じて得られた全国の、そして世界の臨床研究者との交流は今でも私の財産である。(以下次号)

3 Tokuda Y, Watanabe T, Omuro Y, et al. Dose escalation and pharmacokinetic study of a humanized anti-HER2 monoclonal antibody in patients with HER2/neu-overexpressing metastatic breast cancer. Br J Cancer 1999; 81(8): 1419-25.

4 Watanabe T, Sano M, Takashima S, et al. Oral uracil and tegafur compared with classic cyclophosphamide, methotrexate, fluorouracil as postoperative chemotherapy in patients with node-negative, high-risk breast cancer: National Surgical Adjuvant Study for Breast Cancer 01 Trial. J Clin Oncol 2009; 27(9): 1368-74.

5 小崎 丈太郎著、阿部薫編. N・SAS試験 日本のがん医療を変えた臨床試験の記録. 東京: 日経メディカル開発; 2013.

広告

投稿者: 渡辺 亨

腫瘍内科医の第一人者と言われて久しい。一番いいがん治療を多くの人に届けるにはどうしたらいいのか。郷里浜松を拠点に、ひとり言なのか、ぼやきなのか、読んでますよと言われると肩に力が入るのでああそうですか、程度のごあいさつを。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中