できる!! 街角がん診療(12)


そしてこれから

2007年7月、92歳の父を看取り、2009年4月、5歳上の姉を看取った。父は口腔がん、姉は乳がんで、私の専門とするがんでこの世を去った。主治医として、また、家族として関わったのであるが、がん患者の苦しみ、家族の苦しみも味わった。と同時に、もっとよいがん医療をつくれないものだろうか、という熱意はさらに強くなった。診療所でできることには、限界があるのも事実だが、診療所でなければできないこともある。大病院と同じ事をやろうとしても意味がないと思う。診療所だから出来るがん診療は、おそらく、日本全国どこでも、ニーズは高いだろうと思う。今後も便利で、安心、安全、安寧なるがん診療をさらに発展させて行きたいと思う。

広告

投稿者: 渡辺 亨

腫瘍内科医の第一人者と言われて久しい。一番いいがん治療を多くの人に届けるにはどうしたらいいのか。郷里浜松を拠点に、ひとり言なのか、ぼやきなのか、読んでますよと言われると肩に力が入るのでああそうですか、程度のごあいさつを。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中