六十の手習い


「60歳で習字を始めること。年をとってから物事を習うたとえ」。担当者が蒸発したので新規に導入したMMT eliteを私が活用することになった。針刺しはFNACにはじまりCNBと国立がんセンター病院では腫瘍内科の仕事であった。33番診察室は内科、35番診察室はFKTMらの外科、間の34番診察室は予約外や処置のため内科、外科で利用していた。我々が術前化学療法を始めたのが2000年頃だったが、CNBが必要でBARDの機械を内科で購入しCNBも34番で内科が行っていた。多い日は1日5件位はぱしっ、ぱしっとやっていた。その頃からエコーを使用してやっていたが、私が左利きのため機器の設定がそのようになっており清水先生らの右利きのCNBは配置を換えていた。元々、学生の臨床実習で一外をまわったときに手術に入って当時は学生でも皮膚を縫ったり簡単なところはやらせてもらっていた時代で、私も当時は外科に興味があったので手術をやらせてもらえるというのがうれしかったが、機械出しの看護婦のばばあが左利きの子がいるとやりにくい、とぶーぶー、のべつまくなしに、手術中に文句を言われつづけたので、それがいやで、手術にははいらなくてもいいです、とすねた。そのあたりから、外科嫌いが始まったのかもしれない。断っておくが外科は嫌いだが外科医は好きです。それで、CNBはお手の物で、当時は腋窩リンパ節でさえ恐れずにCNBでぱしっ、ぱしっやっていた。(以下次号)。

プロフェッショナル・締め切りの流儀


乳癌学会の抄録締め切りが1週間延長されました。これは「因習」みたいなものでそうするのが会長としての正統派的慣行であります。既に投稿した人も沢山いるだろうし、延長が発表になってから書き始める人もいるでしょう。締め切り延長の利用の仕方は様々、それぞれ、いろいろですが、私は最初の締め切りに間に合うようにまず頑張って目鼻口耳をつけます。前の日の夜ぐらいの話です。内容的にはほぼ満足出来るレベルに仕上がっているわけですが、締め切りが延長されるだろうな、と思いつつ一晩寝かせます。延長を確認してから、与えられた制限字数めいっぱいで「。」(句点)が来るように意地になって文字を加えたり削ったり、できあがった抄録が全く空白を残さないように、しつこくやりくりします。これが、私流の推敲(すいこう)方法であります。字数は与えられた権利ですから、それをめいっぱい使うというのも楽しい挑戦です。昔は印刷された抄録集をながめ、上下左右に比べ自分の抄録の最後の「。」が1000字めのところにきていることを「よし」として、悦に入るのでしたが、最近は印刷抄録がなくなり上下左右を見回すことができないのがちょっと残念であります。いずれにしても岩瀬拓士先生に、どうもありがとう。