大きな病院の落とし穴 -その2-


週刊朝日が今でもピンぼけのようにやっている「病院ランキング」、副題には「疾患別手術件数徹底調査」などとある。手術を沢山している病院ほど、手術がうまい、病気がよく治る、傷も小さい、などと思っている一般人が多いようで、それを煽っているのが手術件数順のランキングである。大きな病院と評価されるためにイソップ童話の「牛みたいに大きくなりたくて空気をめいっぱい吸い込んで破裂したカエル」のように、キャパを超えて手術件数を増やす、それに伴って手術の質が落ちる、ということはよくある。ランキング上位の病院では、年間乳がん手術数500とか800とか1000を超えるところが白鵬、稀勢の里クラスである。ところが、手術の内容は20世紀のまま。つまり、細胞検査で「がん」と診断がついたら温存手術はしてセンチネルリンパ節生検はする。それで術後の治療は、バイオロジーよりもアナトミー情報、つまり、腫瘍径だったりリンパ節転移ありなし個数を優先して決定するというもの。先生とこ、遅れてるね、と冗談めかして言ってみると、針生検で病型分類して術前薬物療法をしてというのは、手間暇かかるし病理も仕事が増えるからと対応してくれない、というような答えが返ってくることが多い。なぜ、だめなんですか? という反応もあってあきれる。キャパを超えた「件数一流病院」は、クオリティでは二流、三流なのである。朝日くんもそのあたり、まだよくわかっていないようだ。

 

広告

投稿者: 渡辺 亨

腫瘍内科医の第一人者と言われて久しい。一番いいがん治療を多くの人に届けるにはどうしたらいいのか。郷里浜松を拠点に、ひとり言なのか、ぼやきなのか、読んでますよと言われると肩に力が入るのでああそうですか、程度のごあいさつを。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中