研修薬剤師・研修医師との巡り会い


研修医師Aくんは先週までで、今週から研修は、研修医師Bくんひとりです。研修薬剤師くんは、彼ら2人と一緒の時期で、ちょうどいいときに浜松で勉強できましたね。研修薬剤師くんが浜松で魅せた様々な技(調剤の技術、服薬指導の取り組みなど)は、今でも「すばらしかったね」と当院薬剤師や看護師たちの間で話題になります。それだけ、研修薬剤師くんは、良い経験を積み重ねてきているのですよ。国立がん研究センター東病院のレジデントとして学んだことは、それほどの大きいものがあるのですね。また、短い期間でしたけど浜松でもいろいろ勉強できたと思います。その経験もまた、研修薬剤師くんをさらにグレードアップできたのではないかと思います。研修医師Aくんと研修医師Bくんとともに先週の土曜日昼に、オンコロジーセンターの近くのイタリアンレストランで、パスタ、ピザ、ティラミス・・・ 私はビール、を楽しみました。彼らも「研修薬剤師さん、薬剤倉庫で働くのはもったいないですよね」と言っていました。確かにそうかも知れませんが、薬剤倉庫での払い出しとかも、きちんと、間違いなく、しかも効率的に行う、だれからも信頼される方法で、あるいは今までの方法をさらにグレードアップして、よいもの、効率のよい方法を確立して残す、ということも、薬剤倉庫での仕事としては大変貴重だと思います。しかし、ここで大きな問題があります。杏の里薬剤室のように「おつぼね支配の硬直化した組織」だと、かえって、そのような効率化、工夫、は、「余分なこと」、「私たちの方法を勝手に変えてもらってはこまる。元通りもどしなさい」ということになってしまうのです。ところが、浜松オンコロジーセンターでは「いいね、いいね、いいね」となり、すぐにその改善が取り入れられるのです。事実、研修薬剤師くんが浜松にいた数日間で、みせた「混注のわざ」は、当院でさっそく取り入れました。このように、「よいものは評価してすぐに取り入れる」ことが大切で、「今までやっていたから変えないでください」という発想は組織を硬直化させ、時代遅れ、セピア色の杏の里、としてしまいます。待合室に貼ってあるセピア色の昔の写真を見るに度に、そんなことを考えていました。
研修薬剤師くんが、「目から鱗が出た」と言っていたとおり、新しいことに常に敏感であり、よいものはどんどん取り入れる、という姿勢が大切なのです。ちなみに、目から鱗が出る、のではなく、目から鱗が落ちる、が正解です。その出展を調べてみて下さい。浜松という土地柄は、徳川家康が「レジデント」の時期をすごしたことから「出世の街」と呼ばれています。研修薬剤師B子さんも、いちど、浜松にお越し下さい。そして、研修薬剤師B子さんの、在宅医療とか、地域医療にかける情熱、夢、展望を聞かせて下さい。うなぎ、餃子、かつおのさしみ、しらす卵かけごはん、イタリアンなどごちそうしますよ、いいね、いいね、いいね・・・

投稿者: 渡辺 亨

腫瘍内科医の第一人者と言われて久しい。一番いいがん治療を多くの人に届けるにはどうしたらいいのか。郷里浜松を拠点に、ひとり言なのか、ぼやきなのか、読んでますよと言われると肩に力が入るのでああそうですか、程度のごあいさつを。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中