オンコロジストの生い立ち(8)


がんに興味を強く抱くようになったのでは小細胞肺がんの患者の抗がん剤治療を学んだことが一つのきっかけでした。60才過ぎの小柄な男性で、タバコを1日60本も吸っているひと。それが原因で肺がんになったのです。小細胞肺がんは当時から、診断がついた時点で既に脳転移や骨髄転移をおこしている、と言う病気だから手術はしない、ということになっていました。抗がん剤も、シスプラチン登場前の頃だったので、CAVという3種類の抗がん剤組み合わせを使い、外来化学療法という概念はまだ、ない時代だったので、患者はずーっと半年ぐらい入院していました。病棟医長のみやもと先生は肺がん専門グループでした。なので、抗がん剤治療について相談すると、「うん、それでいいんじゃない」ということで、やっぱり、アスペルギルスという説明をして始めたCAVが、脱毛、吐き気は強いけど、がんの影が一時的だけど、消えてしましました。そのときはじめて抗がん剤とは副作用もあるけど、よく効くなー、という実感をもったのです。みやもと先生にそのことを話したら、そだねー、先生、よく勉強してるねー、とおだてられて、がんやらない? と誘われたのでした。

投稿者: 渡辺 亨

腫瘍内科医の第一人者と言われて久しい。一番いいがん治療を多くの人に届けるにはどうしたらいいのか。郷里浜松を拠点に、ひとり言なのか、ぼやきなのか、読んでますよと言われると肩に力が入るのでああそうですか、程度のごあいさつを。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中