がん医療の確かな進歩を実感した5日間


あれから、ずーっと、SERDの経口剤が開発されないかなーと、待ち望んでおりました。「ねえねえ、岡村、なんで経口剤にならないの?」とチコちゃん風に尋ねようと思っていましたが、リストライマダとなってしまいMRくんもいなくなり、声も聞こえず、姿も見えず、たまにヴァーチャルMRくんからメールが来るだけ。それはさておき、Genentechの発表に対して私が質問したのは:I understand your compound is excellent. But my concern is the method of administration. Is it oral or injection? 即座に帰ってきた答えは「ORAL」、私は思わず「Oh Its painless.」といったように覚えています。

私の質問について多くのオンコロジストが、「That’s the point! 」「That’s very good question」と反応してくれました。それほどまでに「お尻に2本の注射」は世界的にも、やりにくい治療、というわけだったのですね。それ以上に患者さんたちにとっては辛い治療だったはずです。イブランスが承認されたときに、「通常、成人には本剤2筒(フルベストラントとして500mg含有)を、初回、2週後、4週後、その後4週ごとに1回、左右の臀部に1筒ずつ筋肉内投与する。なお、閉経前乳癌に対しては、LH-RHアゴニスト投与下でCDK4/6阻害剤と併用すること。」となっています。「閉経前の患者さんは、『毎回採血され、お腹に注射され(ゾラデックス)、腕に注射され(ランマーク)、さらにお尻に2本も注射され(フェソロデックス)とてもつらいわ』と泣いてますよ」と桜井さんが言っていると聞き、そのとおりだけど本当に申し訳ないな、と思います。

いや だが しかし ところが 針をささなくても、メスで切らなくても、副作用のどぎつい薬を使わなくてもがんが治ると言う日は、思っているほど遠くはないと感じています。カドサイラの話や経口DERDの話は、まさに医学の進歩を感じさせるものでした。

サ来年もサンアントニオ乳がんシンポジウムに参加できるよう、心・技・体を日々整えていこうではあーりませんか、みなさん!

ということで、金曜日は、カピバラ・ホズミン、アイハラール皇帝、たまをくわっち、ムルアカ・はやしの4人の外国人と一緒にユーバーを使ってスパーズ対レイカーズ戦に行ってきました。地元スパーズが快勝!! 帰り道はGo Spurs Go!! の大合唱でした。これで今年のサンアントニオ報告を終わります。尚、おおたにくんの大活躍はあちこちで話題になると思いますからここには書きません。さてMission completed  !! 愛犬と愛妻が待つ我が家に帰り着きました。もういくつねると お正月・・・

投稿者: 渡辺 亨

腫瘍内科医の第一人者と言われて久しい。一番いいがん治療を多くの人に届けるにはどうしたらいいのか。郷里浜松を拠点に、ひとり言なのか、ぼやきなのか、読んでますよと言われると肩に力が入るのでああそうですか、程度のごあいさつを。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中