鼻腔管理


「鼻腔にゲンタシン軟膏を塗るとコロナウイルス感染を抑えることができるよ」と独り言したところ、ウイルスに抗生物質が効くわけがないだろう!!! という指摘がありました。 そんなことはわかっていますよ。コロナウイルスの体内侵入経路は、手指とか、エレベーターボタンとか、ではなく、大部分は鼻腔経由、つまり鼻から吸い込んで・・・と専門家も言っています。鼻腔内を写した電子顕微鏡写真を見ると、丸い細菌(ブドウ球菌など)、細長い細菌(大腸菌など)に寄り添うように、無数の「つぶつぶのコロナウイルス」が写っています。細菌がコロナウイルスの増殖に適した環境を提供しているのではないか、足場を与えているのではないか、と推測したので、それでは、鼻腔内を清潔に保てばいいんではないだろうか、と思いこみ「アルガード鼻スッキリ洗浄液」、「ゲンタシン軟膏塗布」を励行してしているわけです。清潔にして悪いことはないし、気分スッキリなので、これからも続けていきますよん。

投稿者: 渡辺 亨

腫瘍内科医の第一人者と言われて久しい。一番いいがん治療を多くの人に届けるにはどうしたらいいのか。郷里浜松を拠点に、ひとり言なのか、ぼやきなのか、読んでますよと言われると肩に力が入るのでああそうですか、程度のごあいさつを。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。