5年ぶりの夏休み


今日の午後から今週いっぱい夏休みをとることになって先週末からうきうきしている。浜松オンコロジーセンター開設後はただでさえ海外出張などで休診ぎみで学会で池田正先生に会うたびに「渡辺先生、本業の方は大丈夫なの、もっとも先生の場合、どっちが本業かわかんないけどね」とにこにこして言われる通り夏休みなんて取っている場合ではなかった。また、ガイドライン委員長として薬物療法、外科療法、放射線療法、検診診断、疫学予防の5冊のガイドラインと患者向けガイドラインの改訂のため、毎年、7月初めには乳癌学会が終わるとすぐに改訂作業にとりかかり、翌年の学会のときに出版するよう、メンバーを決めたり、スケジュールをたてたり、というのが7月、8月に重くのしかかる作業として、気持ち的に夏休みどころではない、という感じでもあった。今年は、ガイドライン委員長も定年となり、少し楽にもなった。今年出版した薬物療法ガイドラインは、各方面から反響をいただいている。とくに、「診療ガイドラインは行政を動かすことができるか」というチャレンジングな内容に、コンサバ派、リベラル派から、いろいろな意見が寄せられている。それはさておき、6年間、ガイドライン作成に携わり、世の中もかなり変わったことを実感しつつ、吉本なにがしのように、いつまでたってもわけのわかんねえやつもいて、とかくこの世はおもしろい、という感じ。そんなこんなで、夏がすぎ風あざみ、誰のあこがれにさまよう、8月は夢花火、私のこころは夏もよう~、るんるん。今日から、静岡の高木先生と一緒に夏を満喫する予定です、メールは届くので何か御用があればご遠慮少なくご連絡ください。
広告