三菱でもいいけど・・・


2015年9月27日「オンコロジーとは関係のない独り言」で三菱自動車のゆるい企業体質について触れました。

『アウトランダーの三菱自動車にも言えることで、さんざん、連絡しても・・・ということが何度もあり、こういう体質だから、繰り返しのリコールにいたったのだろうかなーと、何となく納得できる。VW(フォルクスワーゲン)の問題は、また、別のあくどさ、狡猾さがあり、不誠実、しかも、地球を欺くような悪行なわけだから、緩さと言うよりは、二度と立ち直れない状況と言えるだろう。昔、オレンジ色のフォルクスワーゲンビートルに乗っていた私にとってはVWの問題はとても他人事とは思えない残念な事件であるが、あの会社は消滅するかも。』

この予測が現実となるかもしれない程の「不祥事」が新たに発覚して、今後、三菱自動車はどうなるんだろう、と興味津々であります。なんと1991年から法律に定められた排ガス規制要件の検査をやっていないかった、しかも、机上の計算で、やったように見せかけていた、というのです。法令遵守の精神が「ゼロ」、ここまでの確信犯罪は、企業倫理の観点から、あり得ない話ですが、それがなぜ、天下の大企業、超一流名門企業の三菱自動車で起きたのか、それも興味津々です。吾思うに、おそらく「意味のない法律だよ、米国では排気ガスの実測値は求めていない。理論値で十分としているから、日本での実測値要求はナンセンスだ! 俺たちは天下の大三菱だぞ、霞ヶ関の小役人に何がわかるか」と三菱自動車上層部は思っているのでしょう。私の車は三菱アウトランダーPHEVですが、友人たちから、アウトランダーの燃費もねつ造なんじゃないの、とからかわれます。三菱自動車の浜松営業所は、連絡も悪い、対応も悪い、態度も悪い、ですが、アウトランダーPHEVの卓越したテクノロジーに惚れ込んだ私は、営業所が不出来でも、燃費データねつ造でも、そんなのどうでもいいのです。三菱でもいいけど、もし、三菱自動車が、日産に身売りするなら、それはとてもうれしい話。やっちゃえ日産、やったぜ三菱、っていうことかな。

広告

薬価をめぐる書簡


渡辺先生へ:そういえば、先週のアエラに、オプジーボの薬価の記事が出ていたことを思い出しました。原価:45万9778円、+営業利益で標準(16.8%)に6割加算で17万55円=約73万円とか。ご参考まで。もり。

もりくんへ:オプジーボの薬価は、100mgで73万円ですね。体重1kgあたり3mgを2週間に一度点滴となると体重60kgの場合、180mgを月に2回で360mg、ということは、400万円ぐらい、毎月かかることになりますね。新薬の薬価は、薬剤の原価がいくらで治験開発にいくらかかり、それに、売り上げ経常利益率を20%程度乗せ、さらに、新規薬加算として上乗せされ設定されます。ということで、新規加算に「6割もつけた」というあたりが、薬価の日米逆転の原因ですね。厚労省も「日本で開発された世界の薬、ノーベル賞が当たったときに恥ずかしくないように!」みたいないけいけどんどんの乗りで、高薬価がつけたのかも知れませんね。このような「危険な暴走」は、イレッサの時とそっくりです。イレッサの場合、熱病に近いこのような雰囲気で、高い薬価がつき、異例の早期承認という道筋をいたり、承認から発売までの期間も保険外の自費診療で販売して良いといった特例を設け、そのあげく、歯医者さんでも処方できるようになってしまって適応のまったくないがん患者に使用され、死者がでて、間質性肺炎騒ぎとなったのです。オプジーボも、なにか重篤な副作用が出てその対応を誤って死者が出たりすれば、マスコミはここぞっ!とばかり大騒ぎして、悪魔の薬みたいな扱いをしかねませんね。アメリカの薬局から個人輸入することもできますが、その場合、100mgは40万円弱です。オプジーボでは、米国の薬価は高いというのはまるで都市伝説ですね。基本的には、京大が心血を注いで作り上げた抗体を、小野薬品はぱくっと横取りし、開発にはあまりお金をかけず、熱病の余勢で高薬価を設定できた、ということではないでしょうか。オプジーボ100mgの適正薬価は、アメリカの四分の一、10万円でどうでしょうか?

浜松オンコロジーフォーラムのご案内


4月を迎え、何かと慌ただしい毎日のことと存じます。下記のように春のオンコロジーフォーラムを開催致しますのでご案内申し上げます。

日 時 ︓ 平成 28 年 4 月 16 日 (土) 15 時 ~ 18 時

場 所︓プレスタワー17 階静岡新聞ホール

講演1

演者  山本 昇 先生
    国立研究開発法人 国立がん研究センター中央病院 先端医療科 科長

演題  肺がん治療最前線

講演2

演者  佐治 重衡 先生
    福島県立医科大学 腫瘍内科学講座 主任教授

演題  ホルモン陽性乳癌に対する新しい治療戦略

対象 医師、薬剤師、看護師、医学・薬学生、製薬関係、医療・医学ジャーナリスト、医療行政関係

主催:NPO法人がん情報局

会場準備の都合上、参加人数を予め把握したいと思います。
参加される方は、NPO法人がん情報局ホームページからお申し込み下さい。