浜松オンコロジーフォーラムのご案内


講演1

「 アドバンスケアプランニングの実際 」 ~がん緩和ケアの観点から

はしづめクリニック 院長 橋爪 隆弘 先生

今まで緩和医療では、いきあたらいばったり、出たとこ勝負で、あまり事前の計画なしに診療が進められてきた、という印象があります。advance (=あらかじめ)の Care Planning (診療計画)を立てて緩和医療を進めて行く、ということの困難さと、やっぱり無計画じゃだめだよね、っていうことで、第一戦で活躍する橋爪先生のご講演をお願いしました。

 講演2

「 SPARCS(スパークス)」 ~がんの沈痛効果を調査した「ビッグデータ」から見えてきたこと

日本赤十字社医療センター 緩和ケア科 部長 的場 元弘先生

今まで緩和医療では、一例、一例の患者の主観(つまり、痛みがとれた、とれない、楽になった、ならない)を医療者が共有し、寄り添って個別的に対応することが普通のこととして進められて来たという印象があります。大規模な調査を通じて、どんなことが見えて来たのでしょうか。普遍的、客観的な緩和医療の実践にSPARCS調査が何をもたらすのか、的場先生のお話を伺います。

日 時:平成 28 年 10 月 1 日 (土) 15 時 ~ 18 時

場 所:浜松駅前 プレスタワー17 階静岡新聞ホール

 

厚労省よ、仕事しろ


混合診療になるからだめだ、と医事課から言われました。先生の所はどうやっているのでしょうか? という質問をよく受ける。オンコタイプDX検査のことである。混合診療とは、同一日に、保険診療と保険外診療を併せて行って、保険診療部分(窓口負担分(3割負担とか一部の高齢者では1割負担))と保険外診療部分(10割)を合計して患者に請求すること。もしこれをやったら、保険診療部分も併せて全部保険外診療(=自由診療)として全て整理されてしまいます。つまり、支払い基金から医療機関への支払いが全く為されなくなってしまい、医療機関が自腹で補填するか、患者に支払いを請求するか、どちらかになってしまします。ああ、なんでこんな乱暴なルールになっているか、というと、厚労省の言い分はこうです。

①「保険診療により一定の自己負担額において必要な医療が提供されるにもかかわらず、患者に対して保険外の負担を求めることが一般化されると、患者の負担が不当に拡大するおそれがあること」

②安全性、有効性等が確認されていない医療が保険診療と併せ実施されてしまうと科学的根拠のない特殊な医療の実施を助長するおそれがある」

この2点です。

では、オンコタイプDXはこの2点に該当するのでしょうか? ①の「必要な医療が提供されているにもかかわらず・・・」は該当しませんね。オンコタイプDXをつかえば、不要な抗がん剤治療を回避出来るのですから必要な医療といえます。しかし、これが使えない、というのは明らかに①には該当しないのです。

②の科学的根拠ですが、これは、日本も含めて世界から充分な、充分過ぎるほどの科学的根拠がすでに得られています。ですから、オンコタイプ DXを禁止する根拠はなにもありません。保険でも認めない、先進医療にも認めない、評価療養でもない、選定療養にもなっていない・・・、という状況で、必要な検査であるオンコタイプDX検査を実施することができない、これは明らかに、厚生労働省の不作為、つまり、するべき仕事もしないで怠けている、整理すべき課題に取り組んでいないことが原因で、日本の多くの乳がん患者が正しい必要な医療を受けられない、ということになっていると言えます。さあ、仕事をして下さい。

夏に聞くよからぬ話


話の種にとポケモンゴーをインストールしてやってみたが3日で飽きた。はまっている人ははまっているようだ。スマホの仕組みを利用してカメラ映像にポケモンがあちこちに登場するさまは、確かに最初は「へーっ」と興味を引くが、ただそれだけのことという感じで削除した。よい経験になった。へんなものがあちこちに登場するといえば、舛添ばりの不正があちこちでおきているという話もいろいろ聞いたよ。高校生のお兄ちゃんに出された処方箋をもって調剤薬局に行ったところ、そこのおやじから「小学校の弟の分で出したことにすればただになる」と助言され、周りに聞くと、そうだよ、そのほうがとくだよ、と言っている人が結構います、という話。それであそこの薬局は話がわかる、とよい評判になっていると。さらに、サッカー少年の筋肉痛のために親が腰痛ですと、ロキソニンテープを保険診療で処方・調剤されたりという「誰でもやっていますよ、こんなこと」という、これも不正である。サッカー少年は一生懸命練習すれば筋肉痛もあるだろうけど、それは病気ではない。そういうときは街の薬屋さんでサロンパスを買いなさい。また、あちこちで起きているミニ舛添だが、ある小学校の教員がちょっとお高い図鑑を自分の子どものために購入、その領収書を学校に出し、学校の教材として買うからと、領収書を提出したという話。それ、なにが悪いの? 高い本だし、みんなやっていることですけど・・・、と言われ、それ以上いうと険悪な雰囲気になりそうだったので、ああ、そうなの、と引き下がった。舛添だけがやっていることではなく、日本人の倫理観が全体に低下して、みんながやっていること、と、当たり前になっているよからぬ話、夏休みにいろいろと見聞できました。おしまい・・・

第22回 乳がん市民講座のご案内


2016年8月28日に開催されるNPO法人がん情報局主催の乳がん市民公開講座をご案内致します。今回で22回になります。テーマは、「乳がん薬物療法の副作用を考える」です。基調講演は、「正しく知り正しく対処しよう、自分のために」としました。細胞毒性抗がん剤でも、ホルモン剤でも、分子標的治療薬にも、いろいろな副作用があります。しかし、効果あったればこその治療ですから、多少の副作用は、「でるもの」とうけとめ「対処方法」を心得ておくことが肝要だと思います。副作用は絶対にいや、という人もいますが、そのような人の中には、昔、ご家族で抗がん剤の副作用で苦しんだ人がいて、その姿を見た記憶から、そのように拒否する、ということがあります。しかし、時代はかわりました。副作用対策が進歩して、以前に比べればずーっと楽に抗がん剤治療をうけることができるようになっています。また、副作用は生涯にわたって続くと誤解している方もいます。そもそも、点滴した抗がん剤が生涯にわたり、体内に残ると思っているひともいます。そんなことはありません。翌日には分解されたり体外にだされたりして薬自体は消滅するのです。また、最近、抗がん剤は効かない、といった主張をする不見識な医師がマスコミに大々的に取り上げられた入りして影響をうけているひともいます。がんの治療薬に限らず、全ての薬には、「めざす効果」と「出てほしくない副作用」があり、この2つのバランスをうまく取りながら治療を進めていくことが大切です。

今回も、前半で基調講演、上記の「正しく知り正しく対処しよう、自分のために」を渡辺亨が話します。後半は、予め、皆さんから寄せられた質問にお答えします。質問は、乳がん診療のことなら、薬の副作用のことでなくても構いません。8月20日を締め切りとしています。

詳細は下記をクリックしてください。

市民公開講座ご案内

 

ぼくはいいけどさ・・・


久しぶりで臨床腫瘍学会に参加した。知っている顔もほとんどなくロビーを歩いても挨拶されることはなく気が楽っちゃあ、気が楽である。ある確執から遠のいているがその前は、確か第9回だったか臨床腫瘍研究会の時代に代表世話人っていうのをやって医療者、製薬企業、行政が一同に会して本音で意見交換をするという続いてほしかったプロトタイプを定着させたのであったが。20年近くの昔話である。久しぶりの参加は虫系企業からの依頼でランチョンセミナーの司会のため。演者は、昔から知っているMarc Pegram。彼は、1990年代後半にハーセプチンと細胞毒性抗がん剤との併用で、どの薬剤が相乗効果で、どれが相加効果、そしてどれと併用すると相殺効果となるか、というのを緻密なビトロの研究で報告し、プラチナがいいとか、タキサンでもタキソテールは相乗効果だけど、タキソールは相加効果だ、といった現在でも考慮されるデータを出している。ハーセプチンと5FUは相殺効果だ、という結果だったので、ハーセプチンとゼローダの抱き合わせで売りたい虫系企業は、このデータを公にしたがらなかった。海外演者を迎えての企業スポンサーのランチョンセミナーは他学会でしばしば司会を務めている。いつもエクセレントで鼻っ柱が強い同時通訳のおばさん、ちがったお姉さん、おっとこれも違ったお嬢さんがうまいこと訳してくれるので、会場の参加者は大概、内容は理解出来ている。司会者としての私の役回りは、その場の雰囲気に合わせ、時に英語で、時に日本語で、演者をつんぼさじきにおかない(注;これは差別用語だから使ってはいかん、といわれるけれど、このニュアンスを的確に伝える表現がないのでこれを使う)よう務めている。ところが、今回は同時通訳なし、という状況であることを直前に知らされた。スライドの内容は知った話ばかりだし、Mark Pegramの英語も自然に入ってくる英語だし、同時通訳なしでも、ぼくはいいのだけどさ、聴衆はというと、約3分の1は午睡体制である。ムリもないだろうけど、どうして同時通訳がないのか、というと、英語での討論をデフォルトスタンダードとする臨床腫瘍学会の見栄っ張り体質というか、海外演者を多数呼んでいるぞ! 国際学会と言えるほどに共通言語は英語だぞ!、抄録もプログラムも英語で印刷してるんだぞ!、若い人が海外に羽ばたけるよう日頃から討論を英語でしているぞ!、ということのように感じる。しかし、多くの参加者にとっては、英語はわからないから同時通訳があったほうがいいと感じていると思う。今回もインターナショナルシンポジウムと銘打ったセッションが数多く企画されているが、質疑応答はどこも低調のようで、もっと英語会話を身につけなくては!とポジティブなドライブになるより、英語はからっきしだめだから飯食って寝てよ、という退行反応に向かっているようだ。英語によるコミュニケーションスキルは、日々の鍛錬、経験暴露と、IELTSやTOEFLEを物差しとした自己測定を積み重ねるしかないのだ。留学中のえむぬまくんなど、IELTS、七転び八落ちで九回目にやっと受かったが、とにかく、努力をしていた。学会も見栄をはって、高い金を払って海外演者を多数招聘してぎこちない見栄っ張りのインターナショナルセッションをするよりは、サイエンス、オンコロジーを徹底討論して、情報・知識・理解の共有をまず目指し、若者たちには、別途、海外体験を促進させ、留学指導を徹底させるべきだ。海外演者を招聘するならば、同時通訳をつけなくては話が伝わらないのだけど、同時通訳のお嬢様、これも大変高価な存在、と言うことも一応認識しておこう。

看護フォーラム21


7月2日は、がん情報局主催第10回がん看護フォーラムが開かれた。テーマは、これからの地域医療。きちっとの佐藤を迎えてがん医療の近未来と、介護の近未来を重ね合わせてあぶり出し、問題点を討論した。7対1看護の基準が引き上げられて、多くの病院では7対1看護を放棄、その結果、30%近くの看護師が余剰人員となる。行き場所のなくなった病棟看護師は、外来、相談外来、連携室などといった、今までとは異なる部署に配置される。夜勤手当もないので給料も減る。今まで外来に配置される看護師は、年寄りとか、産休明けとか、病棟で使いものにならないとか、空気読めない、といった訳あり看護が大部分で、自分でやるからいいからあっちいってて、と言いたくなるようなのが多かったが、今後はエースが外来に投入される、と思いきや、多くの病院ではまだまだ、そのようなパラダイムシフトには至っていない。ましては、外来から地域医療へ、看護師からケアマネージャーへ、という時代の要請にも無頓着だ。ケアマネージャーの研修プログラムも、地域包括ケアを見据えて改訂される。全てのケアマネージャーはがん介護を習得しなければならないというカリキュラムである。看護師の資格をもったケアマネージャーが今後は主役となるだろう。病棟勤務の30才以下の看護師のみなさん、いつまでも今の状況が続くと思っていては大間違いだ。ケアマネージャーへの転職を考えた方がいいと思うよ。

夏型の蝉


7月1日の朝から快晴、夏型の蝉の声がやかましい。浜松地方の蝉は、あぶらぜみ、しゃーしゃーしゃーというやつです。伊豆より東は、みーんみーんみー、というやつ。夏の日々をまっしぐらに過ごしているとやがてつくつくほうしがなきます。おーしんつくつく・・というやつです。今年も8月は伊豆合宿、加山雄三を聞きながら駿河湾を渡ります。あ〜あ〜、本日も晴天なり!