がん医療の確かな進歩を実感した5日間


あれから、ずーっと、SERDの経口剤が開発されないかなーと、待ち望んでおりました。「ねえねえ、岡村、なんで経口剤にならないの?」とチコちゃん風に尋ねようと思っていましたが、リストライマダとなってしまいMRくんもいなくなり、声も聞こえず、姿も見えず、たまにヴァーチャルMRくんからメールが来るだけ。それはさておき、Genentechの発表に対して私が質問したのは:I understand your compound is excellent. But my concern is the method of administration. Is it oral or injection? 即座に帰ってきた答えは「ORAL」、私は思わず「Oh Its painless.」といったように覚えています。

私の質問について多くのオンコロジストが、「That’s the point! 」「That’s very good question」と反応してくれました。それほどまでに「お尻に2本の注射」は世界的にも、やりにくい治療、というわけだったのですね。それ以上に患者さんたちにとっては辛い治療だったはずです。イブランスが承認されたときに、「通常、成人には本剤2筒(フルベストラントとして500mg含有)を、初回、2週後、4週後、その後4週ごとに1回、左右の臀部に1筒ずつ筋肉内投与する。なお、閉経前乳癌に対しては、LH-RHアゴニスト投与下でCDK4/6阻害剤と併用すること。」となっています。「閉経前の患者さんは、『毎回採血され、お腹に注射され(ゾラデックス)、腕に注射され(ランマーク)、さらにお尻に2本も注射され(フェソロデックス)とてもつらいわ』と泣いてますよ」と桜井さんが言っていると聞き、そのとおりだけど本当に申し訳ないな、と思います。

いや だが しかし ところが 針をささなくても、メスで切らなくても、副作用のどぎつい薬を使わなくてもがんが治ると言う日は、思っているほど遠くはないと感じています。カドサイラの話や経口DERDの話は、まさに医学の進歩を感じさせるものでした。

サ来年もサンアントニオ乳がんシンポジウムに参加できるよう、心・技・体を日々整えていこうではあーりませんか、みなさん!

ということで、金曜日は、カピバラ・ホズミン、アイハラール皇帝、たまをくわっち、ムルアカ・はやしの4人の外国人と一緒にユーバーを使ってスパーズ対レイカーズ戦に行ってきました。地元スパーズが快勝!! 帰り道はGo Spurs Go!! の大合唱でした。これで今年のサンアントニオ報告を終わります。尚、おおたにくんの大活躍はあちこちで話題になると思いますからここには書きません。さてMission completed  !! 愛犬と愛妻が待つ我が家に帰り着きました。もういくつねると お正月・・・

待ち望んだ新薬登場か!


お尻に1本でも残酷なのに2本も毎月注射することがどうしても納得できない私には、Genentech社の社員がサンアントニオ乳がんシンポジウム2日目のセッションで「新規SERD(Selective Estrogen Receptor Down regulator: 選択的エストロゲンリセプター作動薬)を開発中で既存のSERDであるフルベストラント(商品名:フェソロデックス)と比べてよりもっとずっとがっつり優れている」というデータを発表したとき、またお尻注かと心配になり質問したところ「経口剤です。」という答を聞き胸をなで下ろす思いでした(つづく)。

 

昔の名前で出ています


私はフルベストラントの国際治験に20世紀の終わりに携わりました。タモキシフェン1錠(20mg)内服とフルベストラント1本(250mg)筋注との二重盲検試験でしたから、対照群は「タモキシフェンの本物内服とヒマシ油をフルベストラントの偽薬(プラセボ)としてお尻に注射する」、試験群は「タモキシフェンの偽薬とフルベストラントをお尻に注射する」というものでした。しかし、この試験の結果、フルベストラント(250mg)はタモキシフェンに勝てず、欧米では承認されたものの日本では承認されませんでした。欧米で承認された理由ははっきりとはわかりませんが、新しい作用機序の薬剤、という雰囲気で、一気に発売に至ってしまったのか、リストラマダカ社の影響力(注:リストラマダカ社の前身は、ICI (インペリアル・ケミカル・インダストリー)、つまり王室御用達の化学会社だったわけですから、臨床試験の成績が乏しくても権威で承認させてしまうぐらいのことはあったのかも知れません。がっかりするリストラマダカの開発担当者を(お尻に注射だけに)尻目に「やっとこれで患者を苦しめる必要がなくなった」と感じたのでした。また、当時から「お尻に筋注するというのは、薬剤として完成度が低いのではないの? 経口剤は開発できないの?」とリストラマダカの開発担当者には折々の言葉として語っておりました。しかし、その後、いつの間にか、お尻に2本の注射と1本の注射の比較で2本が勝った(COMFIRM試験)ということになり、2011年に日本でも発売されたのでした。以来、お尻の注射は複雑な思いを抱きつつ続けています。

HER2陽性乳がんに救世主現る


サンアントニオ乳がんシンポジウムは年々、参加者数が増え新築なったHenry B. Gonnosuke Convention Centerも人で溢れかえっている。

今日の午前中はおもしろい発表がたくさんあった。朝一番の「プレナリーレクチャー」では、MDACCのニコラス・ネイビンの「がん細胞一個一個の遺伝子発現を調べると、さまざまでいろいろである。一つの乳がんでもいろいろな性格の細胞が混じっていて、しかも、転移が進むと益々、複雑になっている」ことをビジュアルにも検証した研究。すげーッ

オーラルセッション1では、HER2陽性乳がんで、術前薬物療法を行って、腫瘍が残っている患者を対象に、ハーセプチンを14回、カドサイラ(ハーセプチンに抗がん剤をくくりつけたやつ)を14回、いずれも3週毎の使用すると、カドサイラで圧倒的に遠隔転移が減る、という発表。本日、NEJMの電子版にもパブリッシュ。ディスカッションを担当したエリック・ワイナーも、これは素晴らしいデータである。HER2陽性乳がんにはアドリアマイシンも、そしてタキサンも不要であろう、とのコメントを発していた。もはや、ハーセプチン+パージェタを術前治療に使えるので、引き続き、術後にカドサイラが使用できるようになれば、脱毛のない、吐き気もない、手足も痺れない治療が出現した。救世主と言ったら言い過ぎだろうか。仏様程度にしておく。

午前中最後は、腫瘍内科医として長年の功績が認められた研究者が行う「Bill McGuire Memorial Lecture」にイギリスのローヤルマーズデン病院にイアン・スミスが選ばれた。彼もハーセプチンの臨床研究、アナストロゾールの術前治療など、かずかずの素晴らしい仕事を成し遂げてきた度量の広い先生だ。講演のなかで「外科医はもういらない」みたいなことをいった。そうだ、そうだ、と心の中で呟いていたら、となりにいたカピバラ・ホズミンが「だれかさんとおんなじこと、いってるね」と反応した。そのとおり、世の中は、よい薬が次から次に出てきて手術不要論を唱える外科医も現れている。「おじいちゃんが若い頃は、がんを治すと言って人の体を切り裂く外科医というのがいたんだよ。こわいねー、こわいねー。ずおうとひいたちみたいだね、そんな時代に生まれなくてよかったねー」とやがて来るおまごちゃんに語る日がきたようだ。