オンコロジーとエコロジー


オンコロジーとは

英語で書くとONCOLOGY、ONCOー とは、「腫瘍」を意味するギリシャ語、ーOLOGYとは、「学問」を意味する、同じくギリシャ語です。そして、oncologyとなれば、すなわち、腫瘍学です。

エコロジーとは

ECOLOGYは、環境を表すECO- の学問。環境について思いをめぐらし学ぶことでしょう。

なぜ、オンコロジーとエコロジーなのか

この二つに特別に関係はありません。両方とも、私が好きなだけです。しかし、癌患者の病状や、生活環境に配慮するとか、まわりに気配りすると言う点で共通点があるように思います。

どのようにエコロジーなのか

浜松オンコロジーセンターの入る建物は現在建築中です。建物の名称は、まだ決まっていません。1-2階をオンコロジーセンターとオンコロプラン、圭友会で使用することになります。建物は、オイレス社の10基の免震アイソレーターで支えられています。施行はもちろん「免震の常盤工業」です。曲率の美しい屋根には、シャープの太陽光発電装置、サンビスタが乗り、10kWの発電量を自然の力から生み出します。炭酸ガスは発生しません。1階と2階の冷房は、エコアイス、深夜電力で作った1.5トンの氷に優しい風を当てて、少しづつ溶かして、その冷気を冷房に使います。また、1階と3階には、三菱電線の、蓄熱床暖房、これも深夜電力で床下の蓄熱体に熱を蓄え、昼間は足下からぽかぽかぽか。そして、3階の自宅部分の給湯はエコキュート、空気の熱でお湯を沸かします。これだけあれば、京都議定書合格でしゅ!

さらにもっとエコロジー

建物が完成したら、周囲の植栽や駐車スペースなどの、外構工事に取りかかります。外構工事は、3期にわけて行なう予定です。1期はとりあえず、患者さんの受診に不便のないよう、アプローチ歩道、雨に濡れないような軒、駐車スペースを用意します。2期工事では、待合室からみえる北側のスペースにビオトープを作る予定です。なんと言うことでしょう、トンボやカブトムシなど、いろいろな虫たちが訪れることになります。虫嫌いの公子ちゃん(注:従姉です)にも、喜んでもらえるのでしょうか。

広告

投稿者: 渡辺 亨

腫瘍内科医の第一人者と言われて久しい。一番いいがん治療を多くの人に届けるにはどうしたらいいのか。郷里浜松を拠点に、ひとり言なのか、ぼやきなのか、読んでますよと言われると肩に力が入るのでああそうですか、程度のごあいさつを。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中