親方日の丸的体質


New England Journal of Medicineなど、海外の雑誌を定期購読する際、数年前から日本の出版社が介在するようになっている。毎年、年末で購読契約が切れるので、その時点でクレジットカード決済で海外の出版社と直接やり取りできれば、安く、早く、便利にできるのだが、古臭い商習慣を引きずった、丸善、南江堂などが、介在するため、二度手間、三度手間の、無駄となる。その上、出版社の洋書部とか、洋書部仕入課などに配属されている担当者は対応も態度も悪く、前時代的な親方日の丸体質を露呈している。今回は、オンコロジーでも何でもないが、とにかく対応の悪さに怒りがおさまらず、つい、ブログに書いてみた。
広告

投稿者: 渡辺 亨

腫瘍内科医の第一人者と言われて久しい。一番いいがん治療を多くの人に届けるにはどうしたらいいのか。郷里浜松を拠点に、ひとり言なのか、ぼやきなのか、読んでますよと言われると肩に力が入るのでああそうですか、程度のごあいさつを。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中