ハーセプチン、やっと承認


ハーセプチンが転移性乳がんだけでなく、術後の乳がんにも使用できるようになりました。ずいぶん時間がかかりましたね。 承認概要は下記の通りです。つぎはラパチニブだ、とにかく早くやってくださいね、医薬品機構のみなさん。

 

【効能・効果】

HER2過剰発現が確認された転移性乳癌

HER2過剰発現が確認された乳癌における術後補助化学療法

 

【用法・用量】

 1. HER2過剰発現が確認された転移性乳癌の場合

 通常、成人に対して11回、トラスツズマブとして初回投与時には4mg/kg(体重)を、 2回目以降は2mg/kg90分以上かけて1週間間隔で点滴静注する。

 

2. HER2過剰発現が確認された乳癌における術後補助化学療法の場合

 通常、成人に対して11回、トラスツズマブとして初回投与時には8mg/kg(体重)を、2回目以降は6mg/kg90分以上かけて3週間間隔で点滴静注する。

広告

投稿者: 渡辺 亨

腫瘍内科医の第一人者と言われて久しい。一番いいがん治療を多くの人に届けるにはどうしたらいいのか。郷里浜松を拠点に、ひとり言なのか、ぼやきなのか、読んでますよと言われると肩に力が入るのでああそうですか、程度のごあいさつを。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中