飛ばされたカナリアへ


歌を忘れたカナリアは後ろの山に棄てましょか

いえいえ それはかわいそう

歌を忘れたカナリアは背戸の小薮に埋けましょか

いえいえ それはなりませぬ

歌を忘れたカナリアは柳の鞭でぶちましょか

いえいえ それはかわいそう

歌を忘れたカナリアは象牙の舟に銀のかい

月夜の海に浮かべれば 忘れた歌を思い出す

広告

投稿者: 渡辺 亨

腫瘍内科医の第一人者と言われて久しい。一番いいがん治療を多くの人に届けるにはどうしたらいいのか。郷里浜松を拠点に、ひとり言なのか、ぼやきなのか、読んでますよと言われると肩に力が入るのでああそうですか、程度のごあいさつを。

“飛ばされたカナリアへ” への 8 件のフィードバック

  1. なんちゃって専門医、インターネット専門病医院よりも最悪!!中村清吾先生是非お断りを。

  2. 方向性としては正しい批判だと思いますが、ランキングの本誌記事と広告枠は別であることをお間違えでは? (掲載費がランキングに直結と思っていらっしゃるのならば) Googleの広告表示と何ら変わりはないと思いますが。(当方別に朝日や出版社の人間ではありません)

    1. 間違えてはいませんが間違えるような紙面構成方法に問題があるということです。区別する力のある人は問題ありませんが区別できない人がマジョリティーであることを前提とした「わな」のような紙面構成には十分な注意が必要です。

  3. 今度は肝胆膵外科学会理事長名を騙った明らかな詐欺。もう廃刊してもらうしかないのでは? 上の大橋さんとかいう人のような甘っちょろい人が擁護するから詐欺週刊誌がつけあがるのですな。何とか言ってもらいましょうか。

  4. 【病院の実力】からも、同様の広告掲載募集ファックスが送られてきました。
    私が所属する、日本大腸肛門病学会でも肝胆膵外科学会のような毅然とした態度を取ってもらいたいと思いブログ記事を作成し、この記事にリンクを張らせていただきました。
    事後承諾になりますが、ご了承ください。
    http://blog.dr-ok.com/201212/article_3.html

    1. どうもありがとうございました。広告掲載費もかなりタイトになっているようですが、人心を惑わすような広告は排除しなくてはいけません。大腸肛門病学会の選択も正しいと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中