弱り目にたたり目


今日は恒例の北見講演会,今回で7回目になる予定でした。ところが、ところが、北見にはたどり着けず、18時30分現在、札幌千歳空港にいます。ちとせなう。午前中の杏雲堂外来をきちんとこなして、11時には杏雲堂を出てタクシーに。羽田までところどころ渋滞はあれど、11時30分には空港エリアに入り一安心、と思いきや、何を血迷ったか東京無線の運転手、第二ターミナルビル出発の方にハンドルを切り、とたんに渋滞、渋滞・・。そこは駐車場に向かう車列で夏休みの家族連れの車で全く動かない。JALだから第一ターミナルビルと言ったのに・・。目と鼻の先の隣のターミナルに行くのに40分近くかかってしまい、結局12時30分発の女満別行きに乗れず、しかたなく、札幌千歳に飛んで、そこから女満別行きに乗り継ぎの段取りで千歳へ。ところが、女満別行きの使用機材が、岩手はなまき空港で雷に打たれたとやらで欠航! 19時発のANAになら振り替え可能ということだけど、だったら北見に行く意味ないじゃん、ということで、千歳から名古屋セントレアに帰ることにして、須永道明先生、山崎弘資先生に、連絡して、お詫び申し上げ「残念ながら今日はいけないから、次は流氷の頃に呼んでくださいね」、とお約束。エーザイもりたたかとしくんも是非冬にということで、まずまず、しかたないはしかないね、ということで納得して、名古屋セントレアに飛び、そこから浜松に戻ろうと空港搭乗口で待っていると、場内アナウンスが・・「千歳空港周辺の悪天候のため、使用機材が着陸できず、地上作業も落雷のおそれがあるので見合わせております・・・」とほほのほ。いったいどうなるのだろうと、土砂降り空港を見つめつつ、今月の運を使いつくしちゃったからかな・・、と思いつつ待っていると、雲の晴れ間から使用機材が着陸、それでややおくれで名古屋に向かい、22時14分名古屋駅発のこだま最終列車で23時帰宅。移動移動、東京無線運転手の瞬間的判断ミスが原因で結局無駄な移動の12時間でした。

広告

投稿者: 渡辺 亨

腫瘍内科医の第一人者と言われて久しい。一番いいがん治療を多くの人に届けるにはどうしたらいいのか。郷里浜松を拠点に、ひとり言なのか、ぼやきなのか、読んでますよと言われると肩に力が入るのでああそうですか、程度のごあいさつを。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中