誰がいちゃもんつけるわけ?


今年もSt.Gallen Consensus Conferenceが近いづいてきました。いろいろと準備を進めています。3月19日から23日ですが、どんなコンセンサスだったの? 皆さん興味をお持ちですので毎回、帰国後には内容をまとめてお話する機会を持ちます。それで、京都や九州に伺うのですが京都での講演のタイトルにはSt.Gallen 2019と入れてはいけない、わからないようにしなさい、とその筋からのお達しがくるので、どうにかぼかしてほしい、との指示が虫害からきました。誰がいったいいちゃもんをつけるのか? なんでSt.Gallen 2019を入れてはいけないの?と虫に聞いてもわかりません。なので、伏せ字にするためSt.Galeus H-31 とすることになりました。なんとばかげた業界でしょうか。こんなことに懸命になっているからかみせんせいに叱られるのでしょう。ぼーっといきてんじゃないよ!!ってか!!

投稿者: 渡辺 亨

腫瘍内科医の第一人者と言われて久しい。一番いいがん治療を多くの人に届けるにはどうしたらいいのか。郷里浜松を拠点に、ひとり言なのか、ぼやきなのか、読んでますよと言われると肩に力が入るのでああそうですか、程度のごあいさつを。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中