思い違いと勘違い


抗がん剤治療終了後の患者で連携パスに従ってフォローしている患者の一人から電話があり「こんなコロナウイルスで大変な時におたくは何を考えているんだ。外出自粛というのに受診しろというのか!!」という怒りの論調。当方からの返事は「なにか心配なことがあればお越し下さい、お大事に・・・」 別に無理に来なさいとは言ってはいないのですよ。あなたのためを思って予約枠をとっているだけですからね。お気に召すままどうぞ、どうぞ。

投稿者: 渡辺 亨

腫瘍内科医の第一人者と言われて久しい。一番いいがん治療を多くの人に届けるにはどうしたらいいのか。郷里浜松を拠点に、ひとり言なのか、ぼやきなのか、読んでますよと言われると肩に力が入るのでああそうですか、程度のごあいさつを。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中